電動ヘッジトリマはすべての植木をお手入れできる道具ではありません。

リョービHT-3830

どうも、植木職人もりたです。

お手軽に植木を剪定できる「電動ヘッジトリマー」。

最近ではプロの植木屋さんでも、刈込鋏よりも多く場面で使用し作業されている姿も多く見かけます。

電動ヘッジトリマーを使えば楽で簡単に植木を剪定できるので積極的に使用することもアリだと思いますが、楽だからといってお庭のすべての植木をヘッジトリマでお手入れしようと考えない事です。

電動ヘッジトリマ・植木鋏と道具を使い分けが大切です。

大切な植木や機械を痛めないために、それが適正な手法です。

「植木職人として仕事で使っているから分かる!」その辺りの詳しい情報をお伝えしたいと思います。

「電動ヘッジトリマー」と相性の良い木と、そうではないものがあります

電動ヘッジトリマは、2つの刃をモーターでスライドさせ枝や葉をカットします。

このようにモーターでスライドさせながら刃を動かす構造は、硬く太い枝・葉を切る事には適していません。

ついつい無理に ”バリバリ” と刈り込んでしまい結果、機械に負担がかかりモーターの焼き付きや刈込刃の損傷を起こします。

「電動ヘッジトリマー」を使うことに適した植木は?

電動ヘッジトリマーでの剪定に適した植木は、次のようなものです。

枝や葉が柔らかく、単純な樹形の木です。

例えば、「ヒラドツツジ」「サツキ」などがあります。

(左)ヒラドツツジ(右)サツキリョービ ヘッジトリマ

また生垣などの単純な樹形の木にも適しています。

逆に、枝・葉が硬く、散らばった生え方をしている植木には使えません。

例えば、「シダレウメ」「松」などです。

(左)シダレウメ(右)松ヘッジトリマでの剪定に適さない植木

このような木は、鋏を使い手作業で剪定しなければいけない植木です。

これ使えばお手軽に植木を剪定できる「電動ヘッジトリマ」ですが、お庭全ての植木に使えるものではありません。

先ほども申しましたが、お庭のすべての植木をヘッジトリマで剪定しようとはせず、電動ヘッジトリマーと鋏との道具の使い分けです。

大切な植木を痛めないためにも、それをおすすめします。

最後になりましたが、別の記事で「電動ヘッジトリマを使ったカット例」と「植木職人がおススメする電動ヘッジトリマ」もご紹介しています。

そちらも読んでいただけると嬉しいです。