「電動ヘッジトリマ」を使えばこのように植木のお手入れができます。

ヘッジトリマアイキャッチ画像

どうも、植木職人もりたです。

この記事では、「電動ヘッジトリマ」を使った植木の手入れの作業例をご紹介いたします。

お手入れした植木は「サツキ・ヒラドツツジ・ツゲの低木」「カイズカイブキの生垣」です。

それではまず、「サツキ・ヒラドツツジ・ツゲの低木」の仕上がりです。

 

お手入れ前の状態

サツキ剪定作業前

 

お手入れ後の状態

サツキ剪定作業後

 

次は、「カイズカイブキ」の生垣です。

お手入れ前の状態

 

お手入れ後の状態

 

ヘッジトリマを使い手入れすれば、このような仕上がりとなります。

ヘッジトリマは、単純な木の形(四角や丸)の低木や生垣などの手入れには相性が良く、綺麗に仕上げることができます。

 

このように、ヘッジトリマと相性の良い植木を手入れする時に使えばとても便利な道具ですが、中でも「カイズカイブキ」を手入れする時だけは注意しなければならない事があります。

ヘッジトリマで「カイズカイブキ」を手入れする時、注意しなければならない事

ヘッジトリマを使って「カイズカイブキ」を剪定した場合、後にトゲのような葉をした新芽が生えてくる事があります。

強く枝や葉を切ったことが原因で、品種改良前の状態の「先祖返り」といわれる現象です。

その新芽に覆われると、カイズカイブキの独特の風合いも無くなり見栄えもとても悪く、触れると痛いです。

(左)普通の状態(右)先祖返りした芽

一度先祖返りした芽が生えると、元の状態には戻りません。

このような現象が起こるので、植木屋さんによってはカイズカイブキのお手入れにヘッジトリマを使用しない業者さんもおられます。

このような「先祖返り」の状態になるのを避けたい方は、手間が掛かりますが刈込鋏でお手入れすることをおすすめします。

当社では「カイズカイブキ」のお手入れの際は、依頼を受ける際に事情を説明し、ヘッジトリマを使って作業するかどうかお聞きしています。

まとめ

今回は、ヘッジトリマを使い植木を剪定すればどのような感じになるのか、具体例をご紹介しました。

前述しましたが、ヘッジトリマは「丸や四角などの単純な形をした低木や生垣」の手入れには相性が良く、とても綺麗な仕上がりになります。

しかし「カイズカイブキ」など植木の種類によっては、ヘッジトリマを使っての剪定には注意しなければならない植木もあります。

「ヘッジトリマに適した木は機械を使い、そうでないものは鋏を使う」道具の使い分け剪定することが植木にとっても良い方法だと思います。

最後になりましたが、「ヘッジトリマ」を使っての剪定できる植木の一例をご紹介して終わりにさせていただきます。

 

ヘッジトリマを使ってお手入れできる植木

カイズカイブキ(生垣)

カイズカイブキ

ヒラドツツジ

ヒラドツツジ

サツキ

タマツゲ

タマツゲ

ゴールドクレスト

ウマベガシ(生垣)

イヌマキ(生垣)

マキ