静かで軽量、低振動で疲れない。ヘッジトリマのおすすめはこれです!

リョービヘッジトリマ

植木の枝や葉をカットする時に使う機械の「電動ヘッジトリマ」。

例えて言うなら髪の毛を切る電動バリカンのような機械です。

この記事では、植木職人である私がおすすめできる電動ヘッジトリマをご紹介しています。

ヘッジトリマ選びの参考にしていただけたら幸いです。

植木職人の私がおすすめするヘッジトリマはコレ!

ズバリ!RYOBI(リョービ)の「HT-3032」「 HT-3632」です。

「HT-3632」

リョービ電気バリカン

いままでの使用経験を言いますと、「RYOBI(リョービ)」「マキタ」「日立工機」「ホームセンタープライベートブランド」など、いろいろなメーカーがあります。

なかでも「マキタ」「日立工機」「RYOBI」の3社の機種は良い機械でしたが、いちばんのおススメは「RYOBI(リョービ)」の商品です。

 

それではここからは「HT-3032」「 HT-3632」をおすすめするポイントをご紹介します。

「HT-3032」「 HT-3632」をおすすめするポイント!

  • お手頃価格
  • 本体重量が軽~い ♪
  • モーター性能の高さ
  • 切れ味がとても良い
  • 適度な刈込刃の長さ
  • 低騒音で低振動
  • アフターサービスもバッチリ!

と、こんな感じです。

それでは、ひとつひとつ詳しく解説いたします。

お手頃価格

購入するお店にもよりますが「RYOBI(リョービ)のヘッジトリマ」は高性能なのにもかかわらず、お手頃な値段で販売されています。

本体価格は、「HT-3032」なら約10,000円

「 HT-3632」でも、約11,000円ぐらいです。

本体重量が軽~い ♪

植木を剪定する時は、機械をいろいろな高さや方向に動かします。

基本両手で持って機械を使用しますが、状況によっては片手で持ち、手を伸ばし使うこともあります。

なので、機械の重さはかなり重要なポイントです。

HT-3032は「1.8kg」HT-3632は「1.9kg」と、どちらも軽いです。

例えるなら2リットルの水が入ったペットボトルと同じぐらいでしょうか。

あと、機械を持った時の重量バランスの良さもいいところです。

約2㎏の重量でも重たさを感じにくくなっています。

モーター性能の高さ

ヘッジトリマはモーターを駆動させ刈込刃を動かす構造です。

モーターの出力が高ければ刈込刃を動かす力が強く、枝や葉を楽に刈り込むことができます。

植木のなかには刈り込む時、強い力が必要になる木もあります。(例 カイズカイブキなど)

「HT-3032」「 HT-3632」どちらも、プロが仕事で使えるレベルのハイパワーモーターが搭載されているので、力強く刈り込むことができます。

また、モーターの耐久性も高く、故障も少ないです。

あくまで私の経験ですが、ほぼ毎日現場で使っていても、約3年以上モーターの故障はありません。

切れ味がとても良い

ヘッジトリマの切れ味の良し悪しは、「モーターの性能 と 刈込刃の良さ」で決まります。

モーターの性能の良さは勿論のこと、刈込刃もとてもよく考えて設計されています。

大きな特徴としては、次の通りです。

  • 全ての刃の先端に3面の研磨加工を施した高剛性の高級刃
  • 刃の内側に「くぼみ」があり、ヤニが付きにくく溜まりにくい構造

 

リョービ ヘッジトリマ刈込刃

出典 RYOBI (リョービ)ヘッジトリマ製品情報

 

「HT-3032」と「HT-3632」には、このような刈込刃が採用されています。

ホームユーザー向けの機械でこの高剛性の刈込刃はとても贅沢。

この高剛性の刃のお陰で鋭い切れ味で刃欠けもしにくいです。

また刃の内側に「くぼみ」が、ヤニが付きにくく溜まりにくい効果を生みだし切れ味の良い状態が長く続きます。

刃部分にヤニが付着すると切れ味がとても悪くなります

適度な刈込刃の長さ

お手入れをする植木はいろいろな樹形があり、いろいろなものに対応するには、刈込刃の長さは重要になります。

刈込刃の長さは 「刈り幅」と「本体重量」のバランスを考え選択しなければなりません。

刈込刃が長い機械は、機械を動かした時の刈り込める幅は広くなりますが、本体重量は重くなります。

その逆に刈込刃が短い機械は軽く扱いやすいいですが、機械を動かした時の刈り込める幅は狭いです。

小さな植木の刈り込みなら短い長さの刃でもいいですが、幅が広い長い距離の生垣を剪定するとなるとある程度の刃の長さがないと作業は苦しくなります。

そのような中、「HT-3032」と「HT-3632」はリョービから発売さている機械の中ではちょうど中間的な位置の機械で「刈り幅」と「本体重量」のバランスがとれています。

「刈り幅」「重量」の比較
機種名 HT-2610 HT-3032 HT-3632 HT-4032
重量 0.89kg 1.8kg 1.9kg 1.95kg
刈り幅
260mm 300mm 360mm 400mm
特徴
刈り幅狭いが軽い どちらもバランスが良い 刈り幅は広いが重い

低騒音で低振動

ヘッジトリマはが動くと振動や騒音が発生します。

振動が大きいと手が痺れたり、機械作動音が大きいとストレスがかかります。

使う機械には、長時間使用しても疲れない、体への負担が少ない物を選ぶ事がとても大切です。

「HT-3032」と「HT-3632」には、本体内部に振動を逃がすゴムが装着されており機械の振動を軽減しています。

また、モーターの音も低騒音の設計でとても静かで苦痛を感じません。

 

 

アフターサービスもバッチリ!

機械は使用しているうちに修理が必要になる場合もあります。

リョービの商品は修理が必要になった時、購入した販売店に商品を持ち込んだり、郵送しなくてもまなくてもお近くのホームセンターで修理の受付をしてもらえます。

ネットでの購入も多い時代、ご近所で気軽に修理を受付けてくれるのは本当に助かりますね。

 

まとめ

今回は、「植木職人おすすめ!」としてRYOBI(リョービ)のヘッジトリマー「HT-3032」「 HT-3632」をご紹介しました。

おすすめした理由は、実際に植木を剪定するには「刈り込む力」や「適度な刈込刃の長さ」が必要で、この2機種ならその条件をクリアしているからです。

しかし、機械にはある程度の重さがあり、性別や腕力によって選ぶ機械も変わります。

「HT-3632」は男性には軽々扱えても、女性や腕力の弱い方なら「重い」と感じられるかもしれません。

もし、「HT-3032とHT-3632は私には合わないな...」とお感じになられたら、RYOBI(リョービ)の製品にはいろいろな機種が発売されていますので、他の商品もご検討ください。

しかし、どの商品を選んでもリョービのヘッジトリマはコストパフォーマンスに優れたとても良い機械です。

ホームセンターでも実物が展示されているところも多いので、実際に商品を手に持ち、重さなどを体感してから購入機種をお考えになられるのもるのもひとつの方法です。

この記事で、ヘッジトリマ選びのお役にたてたら嬉しいです。

KYOCERA 京セラインダストリアルツールズ

「RYOBI」製品情報 ヘッジトリマ一覧

ヘッジトリマアイキャッチ画像

「電動ヘッジトリマ」を使えばこのように植木のお手入れができます。

リョービHT-3830

電動ヘッジトリマはすべての植木をお手入れできる道具ではありません。

 

以上、植木職人もりた(@MoritaZouen )でした。