静かで軽量、低振動で疲れない。ヘッジトリマーのおすすめはこれです!

リョービヘッジトリマ

植木を手入れする時、ハサミと同じように使う道具の電動バリカン。

別名、電動ヘッジトリマと言います。

この電動ヘッジトリマ、プロ・アマ問わず誰でも簡単に植木をカットできるとても便利な道具です。

最近のDIYブームで、この電動ヘッジトリマを使って自分で植木を切ることをチャレンジしたい方も多いと思います。

しかし、いざ機械購入を思い立ってもいったい何を買ったらいいのか分からず、お困りの方も多いと思います。

この記事では植木職人である私が、実際にヘッジトリマを使ってきた経験から、おすすめできる商品をご紹介します。

ヘッジトリマ選びの参考にしていただけたらうれしいです。

「植木職人がおすすめするヘッジトリマ」はコレ!

ズバリ!植木職人がおすすめするヘッジトリマは【RYOBI(リョービ)ヘッジトリマ】「HT-3032」と「 HT-3632」です。

リョービ電気バリカン

MEMO
ご紹介の機種は、ご家庭でのご使用に限ってのおすすめ商品です

いままで植木を手入れする作業で「RYOBI(リョービ)」「マキタ」「日立工機」など、いろいろなメーカーのヘッジトリマを使用してきました。

「マキタ」「日立工機」それぞれ特徴があり、どちらのメーカの商品も良い機種でした。

しかし、いままで使用経験から、いちばんのおすすめの機種となると「RYOBI(リョービ)」の上記2種となります。

おすすめの機種ならば「マキ・ツゲ・サツキ・ヒラド・カイズカイブキ」など、いろいろな植木の手入れが早く、簡単にできます。

カイズカイブキカイズカイブキ

ヒラドツツジヒラドツツジ

 

ちなみに現在も、おすすめ機種「RYOBI(リョービ)HT-3632」プロ用「RYOBI(リョービ)HT-3840」を愛用しています。

RYOBI(リョービ)HT-3840リョービHT-3830

リョービ(Ryobi)
¥13,006 (2018/10/22 12:51:26時点 Amazon調べ-詳細)

「HT-3032]「 HT-3632」のおすすめポイント

  1. 値段が手ごろ
  2. 本体重量の軽さ
  3. モーターの性能の高さ
  4. 刈込刃の切れ味の良さ
  5. 刈込刃の長さ
  6. 低騒音・低振動

1.値段が手ごろ

「RYOBI(リョービ)」のヘッジトリマは高性能なのにもかかわらず、かなりお手頃な価格で販売されています。

購入するお店にもよりますが、「RYOBI(リョービ)HT-3632」なら13,000円ほどで手に入れることができます。

リョービ(Ryobi)
¥10,917 (2018/10/22 12:51:26時点 Amazon調べ-詳細)
リョービ(Ryobi)
¥9,297 (2018/10/22 12:51:26時点 Amazon調べ-詳細)

2.本体重量重の軽さ

植木を切る作業では、ヘッジトリマを持ち、いろいろな高さや方向に機械を動かします。

カットする場面によっては片手で機械を持ち手を伸ばして使用こともあります。

そのような場合、本体重量の軽さはかなり重要なポイントとなります。

「植木はさみ」も「電動ヘッジトリマ」も植木の手入れの時手で持ち使う道具はできる限り軽い方が良いです。

リョービのヘッジトリマ「HT-3032 1.8kg」「 HT-3632 1.9kg」と、どちらもとても軽いです。

また、手に持った時の重量バランスも考えて設計されているので、とても扱いやすいのも魅力です。

3.モーター性能の高さ

ヘッジトリマはモーターを駆動させ刈り刃を動かしています。

言わば、モーターはヘッジトリマにとって心臓部。

枝や葉を切る力はモーターのパワーで決まり、モーターにパワーあれば、枝や葉を力強く刈り込むことができます。

「ヘッジトリマ HT-3632」には、プロも現場作業で使用できるハイパワーモーターが搭載されいます。

「カイズカイブキ」など、枝・葉を切る際、強い力が必要な植木も楽々対応できます。

またモーターは壊れににくく、ほぼ毎日現場で使用していますが、無茶な使い方さえしなければすぐに壊れる事はありません。

4.刈込刃切れ味の良さ

刈込刃の性能は、植木バサミの考え方とまったく同じです。

刃の材質や形状など、刈り込み刃の性能が悪いと、すぐに切れ味が悪くなり、刃欠けを起こします。

「HT-3032]と「HT-3632」は、全ての刃の先端に3面の研磨加工を施した高剛性の高級刃を採用しているので鋭い切れ味です。

また刃の内側にくぼみがあり、ヤニが付きにくく溜まりにくい構造になっています。

MEMO
ヤニが付着し溜まるのは切れ味を悪くする要因です。

そのヤニが溜まり難いのは、切れ味が良い状態が長く続くということです。

5.刈込刃の長さ

刈込刃の長さは、「本体重量」と「刈り幅」のバランスを考え選択しなければなりません。

刃の長さが長いと、刈ることができる幅が広がりますが重量は重くなります。

また、その反対に刃の長さが短いと重量は軽いですが、刈り幅は狭まります。

作業でヘッジトリマ使っていて重視する点は、ある程度の大きさの植木に対応するため「多少重量があっても、刈りたい部分に刃を届かせたい」所です。

この部分で「重量」と「刈り幅」のバランスを考えると、リョービから発売されている中では、「HT-3032(300mm)」と「HT-3632(360mm)」がおすすめとなります。

刈込刃の長さによるの違い
機種 HT-2610 HT-3032・HT-3632
HT-4032
重量 0.89kg 1.8kg・1.9kg 1.95kg
刈り幅 260mm 300mm・360mm 400mm

※スマホではスライドをするとすべて表示されます

6.低振動・低騒音

「長時間使っていても疲れない」とても大事なポイントです。

重量、騒音、振動は疲れに直結するので、体に負担がかからない物を選ぶのが大切です。

振動がキツイ機械を長時間使うと手がしびれます。

「HT-3032]と「HT-3632」には、振動を逃がすゴムが本体にハメられており、振動を軽減します。

また、モーターの音も低騒音の設計でとても静かです。

「HT-3632」を作業で使用している時の動画

動画で使用している機械は、実際の現場で約3年、かなり酷使した物で刃部分の研ぎ直しも一切していません。

動画の録画は片手でヘッジトリマを持ち、スマホでおこなっています。

そのような録画状況なので、モーターの音など少し大きく感じられるかもしれません。

実際のところ、新品はもっと静かで切れ味が良いです。

その辺のところを踏まえ、動画をご覧になってください。

ヒラドツツジを試し切り

サツキを試し切り

まとめ

今回は、「職人おすすめヘッジトリマ」として【RYOBI(リョービ)】「HT-3032」と「 HT-3632」をご紹介しました。

この機種をおすすめした理由は、植木を切るにはある程度の刃の長さやパワーが必要で、「HT-3032」と「HT-3632」ならお庭の植木をカットする、どのシーンでも対応できるからです。

しかし、「ヘッジトリマ HT-3632」は男性の方には軽々扱えても、女性の方なら「重い」と感じられるかもしれません。

ヘッジトリマ購入をご検討中に「ヘッジトリマ HT-3632は私には合わなさそう」とお感じになられたら、迷わず他の機種もご検討ください。

RYOBI(リョービ)の製品には、「プロ用・家庭用」「刈込幅210mm~500mm」と色々なサイズや種類の商品が発売されています。

リョービの製品なら、間違いはありませんので、ご自分の体格や腕力に合いそうな機種をお選びください。

最近では、ホームセンターでも商品が展示されているところも多いです。

いろいろな製品を手に持って重さなどを体感してから購入する機種を考えるのもひとつの方法かもしれません。

参考 RYOBI 製品情報 ヘッジトリマ一覧RYOBI(リョービ)

言い忘れてました。リョービの製品にはこんな良い所があります。

それは、商品が壊れて修理が必要になった時、購入した販売店に商品を持ち込まなくても、お近くのホームセンターで修理の受付をしてもらえます。

ネットでの購入も多い時代、ご近所で気軽に修理に出せるのは本当に助かりますね。

おすすめのヘッジトリマーのご紹介は以上です。

植木職人もりた(@MoritaZouen)でした。

リョービ(Ryobi)
¥9,297 (2018/10/22 12:51:26時点 Amazon調べ-詳細)
リョービ(Ryobi)
¥10,917 (2018/10/22 12:51:26時点 Amazon調べ-詳細)
リョービ(Ryobi)
¥13,006 (2018/10/22 12:51:26時点 Amazon調べ-詳細)