【職人が教える】少し太い枝でも楽に切るコツ教えます

枝の切り方

どうも!植木職人のもりた(@MoritaZouen)です。

突然ですが...

やや太い枝があるとします。

この枝を切る場合、「1・2・3」どの角度で鋏を使いますか?

この3つのなか、いずれかの角度で「枝が楽に切れます」。

楽に切れる角度は、コレです。

3.枝に対して斜めにハサミを入れる

枝を切るときは、このように枝に対して垂直ではなく、やや上斜めにハサミを入れてください。

料理の包丁さばきと同じように、枝を切るにもちょっとしたコツがあります。

切る木の種類や枝の太さにもよりますが、この角度でハサミを入れると、ほんと楽に切ることができますよ。

植木鋏うえきばさみ剪定鋏せんていばさみ刈込鋏かりこみばさみ高枝切たかえだきりばさみ、どの種類のハサミを使っても同じです。

刈込鋏

テレビショッピングで「高枝切ばさみ」の商品紹介がありましたら注意深くご覧になってください。

刃先は必ず「やや斜め」になっていますから ^ ^

まあ、正直なところテレビショッピングの実演の時は、柔らかく切りやすい木を選んで切っていますので「刃先を斜め」にしなくてもよく切れます。

まして、新品の商品は。

本当の切れ味は「カシの木」や「枯れ枝」など、硬い木を切り実演しなければ証明できません。

包丁の実演で「かまぼこ板」まで切っていたシーンがありましたがあれも同じことです。

「柔らかい木のかまぼこ板を斜めに切る」これです。

テレビでそのような商品紹介シーンを見る機会がある時は、この辺りを注意深く観察して観ると、また面白いかもしれませんね。

 

すいません、話をもとに戻します。

やはり、枝を切るときはこの「やや上斜めに刃先を入れる」方法がだんぜん楽です。

またこのコツは、細い枝を切る場合にも応用できます。

いままで枝に対してハサミを垂直に持っていって切っていたなら、少し斜めにハサミを傾けてみてください。

楽に切れる事を体感していただけるでしょう。

 

今回、このような枝を切るコツをご紹介しましたが、これは「おなじ枝を切るなら楽しましょうね」というものです。

「太い枝が必ず切れる」というものでありませんのでご注意ください。

また枝を切る時は決してムリをしないでくださいね。

無理をすると、ハサミや手を必ず痛めます。

私も経験ありますが、腱鞘炎になったらツライですよ。

切れる枝の太さは、使うハサミの性能や腕力で大きく変わります。

「ボブサップ」みたいにリンゴを手で握りつぶすような怪力の持ち主なら、ハサミのほうが先に壊れるかもしれません^ ^

くれぐれも、ノコギリを使うかハサミを使うかはご自分で判断し「これはムリだな」と思ったら素直にノコギリを使いましょう。

参考情報

これは、枝を切るコツとまったく関係のないことかもしれませんが、太い枝は、「植木鋏うえきばさみ」より「剪定鋏せんていばさみ」の方が楽に切れます。

手を痛めないためにも、太い枝は「剪定鋏」を使いましょう。

岡恒 植木鋏 剪定鋏

ちなみに、よく切れる【植木屋おすすめはさみ鋸】のこぎりについてはこちらでご紹介しています。

興味のある方はぜひ一度ご覧になってください。

 

以上、植木職人もりた(@MoritaZouen)が「枝を切るコツ」についてお伝えしました。