ケイピンエースを使った伐採後の切株を枯らす方法のご紹介

ケイピンエース

枯れ木や不要な木を伐採した後の切株は、スコップやチェーンブロックなどを使い掘り起こし撤去することが多いですが、切株が狭い場所に生え、根を掘り起こす事が困難な場合などはそのままの状態で放っておくことがよくあります。

「モチノキ」や「ネズミモチ」などは切株の状態になっても枯れないので、後々新芽が生えてくることもあります。

このような木の切株の場合、完全に枯らすことは難しく、ドリルで穴を開け除草剤の原液を注入する方法もありますが、当社では、「ケイピンエース」という「除草材」を使用することが多いです。

「ケイピンエース」は爪楊枝のような物の先に植物を枯らす薬剤が塗られています。

俗に「触るな危険」っていう薬剤です😏

このケイピンエース、葛などのつる草の根に打ち込む除草材です。

その根を枯らす特性を活かし切り株にも流用できます。

使用の際は、切株の太さにもよりますが、ドリルで下穴を開け約2~3本打ち込みます。

私がこのケイピンエースをよく使う理由は、除草剤を使うよりも切株を枯らす確率が高いからです。

正直「えっ!こんな爪楊枝みたいな物でほんとに枯らすことができるの?」って不安に思われるかもしれませんが安心してください。

実際、「モチノキ」「ネズミモチ」「キンモクセイ」など当社で何度も施工を行っていますが、いまのところ施工後に切株から新芽が生えてきたことはありません。

もしケイピンエースを打ち込んでも後々、新芽が生えてくるような事があれば、もう1~2本追加で打ち込めばもっと良い結果が生まれます。

爪楊枝的な物でも、塗られているのは強い薬剤ですので、くれぐれも取り扱い注意でお願いします😉

切株を枯らすのにお困りの時はいちどお試してみてはいかがでしょうか。

「 ケイピンエース 」の詳細

http://www.greenjapan.co.jp/keipins.htm

石原バイオサイエンス
¥1,077 (2023/02/02 21:24:12時点 Amazon調べ-詳細)