【岡恒】刈込鋏のタイプの違いと選び方

岡恒刈込鋏の種類

植木を切る際に使用する鋏(はさみ)で有名なメーカーの「岡恒おかつね」。

岡恒からは、いろいろな種類のハサミが発売されています。

例えば、刈込鋏かりこみばさみ植木鋏うえきばさみ剪定鋏せんていばさみなどです。

岡恒鋏の一覧

この記事では、そのなかの刈込鋏かりこみばさみに焦点を当てご説明しています。

この記事を読めば、【岡恒】刈込鋏の

  • 形状
  • 形状による特徴や違い
  • 刈込鋏の選び方

がわかります。

内容を簡単にまとめてみますと以下の通りとなります。

 

要約

  • 岡恒の刈込鋏には、「門型」と「標準型」がある
  • 岡恒の「門型」はボルトが装着さてれおり、それを外さない時は「標準型」と同じような動きをする
  • 「門型」は、ボルト(13㎜のメガネレンチで外れる)を1本外せば「植木職人仕様」に早変わり
  • 「植木職人仕様」の刈込鋏の形状はハサミを使いこなすのにコツが必要
  • ハサミの選び方は、初心者やDIYユーザーなら「標準型」、職人なら「門型」

 

【岡恒】刈込鋏の形状

【岡恒】から発売されている刈込鋏には「標準型」と「門型」もんがたといわれる形のハサミがあります。

岡恒刈込鋏の種類
「標準型」という名称は、このタイプの型名を「岡恒」さんがカタログ等で表示していないので、説明をわかりやすくするために勝手に名付けました。

刈込鋏の形状による特徴や違い

「標準型」

刈込鋏

刈込鋏かりこみばさみの基本のような形の鋏です。

ハサミの動きは、「カチ・カチ・カチ」という感じです。

ハサミを閉じた時、カチット刃の動きが止まるので、強い力を入れやすく少し太い枝も切ることができます。

この形状の鋏なら刈込鋏を使うことが初めての方でも簡単に枝や葉を切ることができます。

 

ちなみに岡恒から発売されている「標準型」のタイプの鋏には、鋏を閉じる動作をした時、刃を止める部分の位置が異なる3タイプの刈込鋏があります。

標準型の3つのタイプ

タイプ1

ハサミを閉じたとき、刃と柄の付け根の出っ張りで柄の動きが止まるもの

岡恒刈込鋏

 

タイプ2

刃に装着されたボルトに刃が当たり柄の動きが止まるもの

刈込鋏の説明

 

タイプ3

刃の付け根にをクッションが装着されている物

 

このように「標準型」の形状でも3つの異なるタイプの鋏があります。

 

「門型」

刈込鋏

「標準型」とは刈込刃と柄が繋がる周りの形状に違いがあります。

岡恒60門型

 

岡恒の「門型」は片方の刃の付け根あたりにボルトが1本装着されおり、ハサミを閉じた時、そのボルトの位置で刃の動きが止まります。

岡恒60門型

 

他メーカーの同じような形状の鋏と比べるとこのような感じです。

「岡恒」と「鋏正宗」との比較

(左)岡恒 60門型 (右)鋏正宗 京型

刈込鋏

 

このボルトは、13mmのレンチがあれば取り外すことが可能です。

 

岡恒60門型

 

ボルトを外した後は、刃が大きく交差します。

岡恒60門型

鋏の全体像

(左)ボルトあり(右)ボルトなし

岡恒60門型

 

この岡恒の門型を使用されているプロの職人の多くは、このボルトを外しています。

実際、私もボルトを外し使用しています。

それでは、わざわざ装着されているボルトを外し使用する事はどのようなメリットがあるのか詳しくご説明したいと思います。

ボルトを外すと、このようなメリットがあります

  • 刃を閉じる動きを止める部分が当たらないので、当たった時の振動がない!
  • カチカチと刃の動きを止める部分の当たる音がしないので快適!
  • 柄を少し動かすだけで刃が交差し枝・葉が切れるのでとても楽!

 

正直、デメリットもあります

  • 力の入れ具合など、ハサミの使い方に慣れるまで少し時間がかかる
  • 鋏を閉じたときの左右の柄の間隔が狭いので「勢いよく鋏を動かしたとき」柄を持つ手がぶつかる

柄を持つ手がぶつかった状態

岡恒60門型

 

このようなデメリットがあってもご心配には及びません。

すぐに慣れ、使いこなせるようになります。

コツとしましては、力を入れ過ぎず、少ない動きで柄を動かすことです。

 

岡恒60門型

 

また、柄を握る手を挟まないようにするには、手を少しずらして柄を握ると防げます。

握る手の位置をずらした状態

岡恒60門型

 

このようなコツをマスターすれば、「標準型」より使いやすく快適に感じるようになります。

 

なまえ
実際の作業で「門型60」を使い刈込作業をしている様子をごらんください。

モミジとドウダンツツジを刈り込んでいます。

 

どうです?

軽くサクサク刈れるって感じでしょう。

それでは、もし、岡恒の刈込鋏を購入するなら「門型」「標準型」どちらを選べば良いのでしょうか?

 

>ご自分でお庭の植木を切るだけなら「標準型」をおすすめします。

岡恒の鋏は、切れ味抜群!高耐久!コストパフォーマンスがかなり高い商品で「安物買いの銭失い」にはなる事はありません。

正直、刃の動きを止めるボルトを外さなければ両方同じ鋏の動きをするので「標準型」「門型」どちらを選んでも問題はありません。

しかし、どちらかを選ぶとなると、ご自分でご家庭のお庭の植木を切るなら「標準型」をおすすめします。

「標準型」なら柄の長さも数種類のサイズがあり、ご自身の体格や腕力に合った物を選ぶこともできます。(「門型」は60型しかありません。)

刈込鋏は長い時間、両手で持って肩の高さやそれよりも上の位置で使う事もあります。

腕力に自信が無い方などは柄の長さが短い軽い物を選ぶのもひとつの方法です。

柄が短くても刃の性能は同じなので、ご自分に合った鋏を選ぶことに問題はありません。

ちなみに私の感想ですが、65型という柄の長い鋏は、職人の私でも重く感じます。

男性ならば55型・60型どちらかの選択になるでしょう。

また、「軽量タイプ」も発売されていますが、

  • 刃の厚みを薄くし軽量化しているので、硬い木を切ると刃欠けしやすい
  • 柄に材質の軽い木を使用しているため折れやすい

など不具合も多く、耐久性を考えると私は選びません。

 

軽量タイプは「軽いシイの木」普通タイプは「硬いカシの木」の柄となっています

 

岡恒から発売されている「標準型」の刈込鋏の比較表

55型・60型・65型は、それぞれ刃の長さ、重量、全長が違います。

 

55型・60型ショートハンドルの比較

55型ショートハンドル 60型ショートハンドル
全長 515mm 535mm
重量 740g 800g
刃の長さ 145mm 175mm

 

 

55型軽量タイプ 55型の比較

55型 軽量タイプ 55型
全長 665mm 665mm
重量 800g 920g
刃の長さ 145mm 145mm

 

岡恒(Okatsune)
¥4,795 (2020/07/11 19:44:03時点 Amazon調べ-詳細)
岡恒(Okatsune)
¥5,909 (2020/07/11 18:11:16時点 Amazon調べ-詳細)
軽量タイプは、通常モデルから柄の材質や刃の厚みを変更し軽量化した製品です。重量は非常に軽いですが、柄が折れやすく、刃欠けしやすいなど不具合が生じやすくなっています。

 

60型・65型・60型クッション付きの比較

60型 65型 60型クッション付き
全長 745mm 780mm 765mm
重量 950g 1050g 950g
刃の長さ 175mm 200mm

 

岡恒 okatune
¥4,948 (2020/07/11 19:44:04時点 Amazon調べ-詳細)
岡恒(Okatsune)
¥6,799 (2020/07/11 18:11:17時点 Amazon調べ-詳細)
岡恒(Okatsune)
¥6,978 (2020/07/11 09:26:09時点 Amazon調べ-詳細)

職人として仕事で使うなら、「門型」がおすすめです。

仕事では長時間、刈込鋏を使います。

鋏を動かすたびに「カチ・カチ・カチ」と手に振動が伝われば、かなり疲れます。

刃の動きも止まる音も気になりますしね。

購入したら13㎜のレンチで即ボルトを外し、「植木職人仕様」にしてあげましょう。

門型軽量タイプと60門型の比較表

門型軽量タイプ 60門型
全長 780mm 765mm
重量 824g 1010g
刃の長さ 175mm

 

岡恒 okatune
¥5,791 (2020/07/11 12:55:50時点 Amazon調べ-詳細)
岡恒(Okatsune)
¥7,160 (2020/07/11 09:26:09時点 Amazon調べ-詳細)
軽量タイプは、通常モデルから柄の材質や刃の厚みを変更し軽量化した製品です。重量は非常に軽いですが、柄が折れやすく、刃欠けしやすいなど不具合が生じやすくなっています。

まとめ

今回は、岡恒から発売されている刈込鋏について詳しく解説しました。

刈込鋏以外の植木鋏・剪定鋏については別の記事で詳しくお話しています。

よろしければ、いちどご覧になってください。

 

以上、【岡恒】刈込鋏についてお伝えしました。

植木職人のもりた(@MoritaZouen)でした。