剪定鋏選びに迷ったら「飛庄(とびしょう) 」をおすすめします。

飛庄剪定鋏

「飛庄(とびしょう)」の剪定鋏をご存じですか?

「飛庄(とびしょう)」というメーカーの剪定鋏をご存じでしょうか?

正直、私も知りませんでした。

「飛庄」の剪定鋏を知ったきっかけはテレビ番組「和風総本家 ~スペシャル 世界で見つけたMade in Japan~」の放送です。

イギリスの庭師さんが飛庄の剪定鋏を15年間使われている内容でした。

その放送を見てすぐに剪定鋏が欲しくなりましが、その時使用していた「岡恒 剪定鋏 210㎜」に不満が無く購入に至りませんでした。

その後、約3年が経ち購入。

現在で約7カ月間の使用期間となります。

購入した剪定鋏は「飛庄 SR-1型」。

剪定鋏は「岡恒」ばかり使用してきましたので「飛庄」の鋏は初めての所有です。

飛庄剪定鋏

以前から所有している「岡恒 剪定鋏 210mm」との比較

「左 飛庄 SR-1型 200mm 右 岡恒 210mm」

飛庄・岡恒剪定鋏

手に持った感じは...

ずっと「岡恒 剪定鋏 210mm」を使っていたので、10mmの差(飛庄 SR-1型 は200mmなので)が、ほんの少し小ささを感じます。

手に持った質感は飛庄の方が「ズッシリ」感じます。

飛庄剪定鋏を手に持った状態

鋏の開きの大きさはさほど変わりません。

飛庄・岡恒剪定鋏

肝心の切れ味は?

切れ味は、スパッと抵抗がなく切れていく感じです。

太い枝、枯れ枝などいろいろな枝を切ってきましたが、飛庄の鋏は怖いほど良く切れます。

「間違って、指を切ったら...」と考えただけで背中がゾクッとします。

剪定鋏の切れ味を動画で紹介しています。

MEMO
2つの動画とも約7カ月間使用した剪定鋏を使っています。かなり硬いナンテンの枯れ枝とミカンの生木を切っています。

 

どうですか?

切れ味を感じていただけたでしょうか?

この切れ味を生みだすのはなぜ?

飛庄の鋏は刃が「蛤(ハマグリ)刃」の形状しており、この抵抗のない「スパッと感」を生み出しています。

MEMO
「蛤(はまぐり)刃とは」

蛤刃は、峰から刃先までが滑らかな曲線を描いている形の刃です。

断面の形状が貝のはまぐりに似ていることからその名前がつけられました。

別名コンベックス刃と言い、基本的に鋭角な刃付けをしている鋏が多いので、切る枝にくい込みやすく、逃さず真っ直ぐ抵抗なく切れる鋏になりやすいです。

蛤刃

蛤刃の説明

「耐久性」は?

剪定作業では頻繁に使う鋏なので「耐久性」はとても大切ですね。

先にも書きましたが、約半年剪定作業でかなり酷使してきました。

正直、わずかな刃欠けは、ほんの少し起こることもあります。

しかし、「大きな刃欠け」「切れ味が落ちない」「太い枝を切っても刃の噛み合わせにガタがでない」などハサミの耐久性はかなり高いです。

頻繁に刃の研ぎ直しが必要なほどの状態にはなりません。

どうしても刃研ぎが必要になったら...

剪定鋏は止めネジがかなり硬く、分解が容易ではありません。(万力が必要)

また、「蛤(ハマグリ)刃」の刃研ぎは難しく、素人が下手に研ぐと逆に切れ味が悪くなります。

「飛庄」さんも、できる事なら自分で研ぐのはやめておいた方がよいとおっしゃっていました。

私も研ぎに自信がありませんので、サバイバルナイフを研ぐときに使う「Bush Craft(ブッシュクラフト) オールサイドパドルストロップ(革砥)」という物を使用し刃を軽くこする程度にしています。

どうしても刃研ぎが必要な場合は、「餅屋は餅屋」、飛庄さんに研いでもらいましょう。

飛庄さんのWEBサイトで購入すると「無料研ぎ直し券(1回分)」がついてくるので、それを利用して復活するのがよろしいかと。

刃のかみ合わせ調整が必要な場合など不具合があれば、同時に調整してくださるそうです。

「くぅ~。なんて親切な会社なんだ」^ ^

まとめ

自分で使って、テレビ番組でイギリス人の庭師さんが「何年も変わらず愛用している」と言っていた意味がよくわかりました。

「飛庄」の社員さんも、「そのテレビ番組での反響がスゴくて...」とおっしゃっていました。

その影響からか、購入するタイミングによっては鋏の納期が何カ月もかかるそうです。

「買いたい時が買い時」欲しいと思ったら、迷わず購入することがおすすめです。

「3か月かかりますね」っていわれたら、欲しい・欲しい熱も冷めてしまいますからね。

やはり、ほんとのところ、「岡恒」と比べると、値段は少しお高いです。

しかし、この鋏に使用している鋼材・製品の品質・耐久性・その価格に見合った性能を考えると、安いぐらいだと感じています。

DIYでの使用なら「岡恒」で大丈夫だとおもいますが、ぜひ、プロの職人さんにこそ、使っていただきたい!!

同じ職人として、心からそう思っています。

 

以上、植木職人のもりた(@MoritaZouen)でした。