孫の手のように、かゆいところに手が届く小さな鉄の熊手のご紹介

熊手のくま

どうも!植木職人もりた(@MoritaZouen)です。

今回は、ふだん私が仕事で使っていてとても便利と感じている「熊手(別名 レーキ)」と「竹ほうき」をご紹介します。

この「熊手」や「竹ぼうき」はこのような方におすすめです。

  • お庭や家の周辺の掃除をこまめにされる方
  • お庭の植木をご自分でお手入れされる方
  • プロの植木職人さん

枝や葉のゴミの掃除には、ホームセンターなどで売られている竹製の商品を使っておられる方が多いと思います。

例えばこのような商品です。

竹の熊手

私は、「竹ぼうき」は竹製ですが、「熊手」はスチール製の物を使用しています。

私の使っている熊手はこれです

大きな物はこのタイプ

【 OWL / オウル 】 グリーンレーキ 広巾

サライコ

この熊手は、植木を切った後の枝・葉や草刈り後の雑草などを大きくかき集める時に使用します。

お庭、広い敷地、斜面、道路、ガレージなど、どの場所で使用してもとても使いやすい熊手です。

材質はスチール製なので、硬いアスファルトやコンクリートの上で使用しても壊れません。

値段は1本約1,000円。

耐久性もあり、とてもコストパフォーマンスで高い商品です。

小さな熊手はこれを使っています

【ESCO (エスコ)380mm ハンドレーキ】

これもスチール製の商品です。

ESCO (エスコ)380mm ハンドレーキ

この小さな熊手の使い心地をご覧ください

このようにこの熊手は、狭い場所でもとても使いやすいです。

歯ブラシでもありますよね。

「コンパクトヘッドで奥歯の歯垢もかき取る!」って。

それとおなじ感じです。

そして、小さいながら耐久性があります。

この熊手は、ほどよくしなる硬い鉄でできているので、コンクリートやアスファルト上で使用しても先が折れにくく、また擦り減りにくいです。

無理な使い方をすれば壊れるのかもしれませんが、普通に使用している分には滅多なことで壊れる事はありません。

毎日、植木剪定作業でかなり酷使しても1~2年は余裕で持ちますので、お家でお使いになるぐらいならかなりの年数使えます。

このような便利な使い方もあります

リングとカラビナを付けるとベルトにぶら下げる事もできます。

ESCO (エスコ)380mm ハンドレーキとカラビナ

ESCO (エスコ)380mm ハンドレーキとカラビナ

ESCO (エスコ)380mm ハンドレーキとカラビナ

職人の方なら、ベルトにぶら下げて使う便利さは分かっていただけるでしょう。

「竹ぼうき」は、片手で使えるハンディタイプを使用しています。

この竹ぼうきは片手で使えるので小回りが効きます。

また、普通の片手で使う竹ぼうきにくらべ、竹の量がかなり多いのでほんとうによく掃けます。

【八ツ屋 YATSUYA ミニ竹ぼうき ソフト 大 】

竹ぼうき

ご紹介した熊手や竹ぼうきは、ご自分で植木の剪定をした時や、落ち葉の多い季節の掃除にかなり重宝してくれるでしょう。

掃除が楽しくなることまちがいなしです。

ぜひ、いちどお試しになってください。

以上、職人がおすめする「熊手」と「竹ぼうき」でした。