「防草シート」は選ぶ商品によって差がでるって知ってました?

防草シート

お庭や通路などに生える雑草。

抜いても・抜いても生えてくる雑草対策に「防草シート」を使った方法が定番になっています。

このように庭先に敷いたり...

防草シート庭先に施工

通路に敷いたり...

防草シート通路に施工

防草シートの上に砂利を撒いたり...

防草シートの上に砂利を撒く

お庭の中だけでなく、駐車場・空き地・田んぼ・土手など、あらゆる場所で見かけるようになりました。

「防草シート」も、ネットやホームセンターでお手軽に入手でき、簡単に施工できるようになったので広まったのだと思います。

防草シートは、材質によって違いがあるのをご存じですか?

「防草シート」には、シート自体の材質によって「強いもの」「弱い物」があります。

「シートが強い物」は、シートも硬くしっかりしており、かなり丈夫です。

「シートが弱い物」は、シートも柔らかく頼りない感じがします。

その違いは、シートを手で触ったり、ハサミやカッターで切る時でもハッキリ分かります。

(左)弱いもの (右)強いもの

防草シート比較

このシートの違いは、シートの耐用年数や雑草を防ぐ力が変わります。

耐用年数の違い

各メーカー、製品によって違いますが、一般的に「強いシート」は耐用年数も長く(約3~5年)「弱いシート」は耐用年数も短く(約1~2年)となっています。

使用環境で、耐用年数も長くなったり、短くなったりしますが、「強いシート」は耐用年数も長いです。

最初のシートの購入には「弱いシート」より費用が掛かります。

しかし、耐用年数を考えるとシートが悪くなった時の張り替える手間や替えシートの費用をおさえる事ができ、結果お得です。

「強い草」を防ぐ事ができます

雑草にも「強い草」「弱い草」があります。

「強い草」の代表といえば、「チガヤ」「アレチヌスビトハギ」「ススキ」あたりです。

勢いの弱い草を防ぐなら「弱いシート」でも問題はありません。

しかし、「強い草」は頼りない「弱い防草シート」では突き破って生えてきます。

その様な理由から、はじめて防草シートを敷くときは、すこし割高でも「強い草」に対応できる「強い材質のシート」をおすすめします。

MEMO
防草シートの上に砂利を撒くなら、強度が強い物の上しか撒けませんのでご注意ください。

まとめ

この記事では、防草シートの材質によっての違いを説明しました。

防草シートはシートの材質で「かかる費用」「耐用年数」「防草性能」が変わってきます。

「強いシート」は「弱いシート」より割高ですが、それに見合った性能を発揮してくれます。

シート自体の価格はすこし割高でも、長い期間で考えれば結果お得となります。

くれぐれも「安物買いの銭失い」にならないよう、お考えになってください。

また、当社でも防草シートの施工依頼は年々増えています。

雑草は嫌だけど、草引きは面倒。

できれば除草剤を使いたくない。

そこで「防草シートを敷く」という依頼の流れです。

また、今まで芝生を楽しんできたけれども手に負えなくなって、「防草シート + 砂利」に変更というケースもあります。

いまや防草シートはネットやホームセンターで手軽に買える時代です。

腕に自信のある方なら、ご自分で施工チャレンジしても悪くないと思います。

小さなスペースの防草シート施工なら、DIYでも問題はないでしょう。

もちろん、当社でもいろいろな場所の防草シート施工に対応しております。

もし、ご自分の手に負えない時は遠慮なさらずお気軽にご相談下さい。

以上、植木職人もりた(@MoritaZouen)でした。