花が咲き終わった後の「サツキ」と「ヒラドツツジ」の剪定と雑草抜き作業をおこないました

どうも、森田造園です。

春に花を咲かせる木は「サクラ」や「ハナミズキ」「モクレン」など沢山の植木があります。

なかでも「サツキ」や「ヒラドツツジ」などは庭先や石垣の間に植えられている事も多く、5月頃から綺麗な花を咲かせ人々目を楽しませてくれます。

サツキ
ヒラドツツジ

この「サツキ」や「ヒラドツツジ」は花を咲かせたあとの時期に剪定をするのが良しとされています。

当社でも、花が咲き終わった後の「サツキ」「ヒラドツツジ」の剪定のご依頼があるお客様も多くおられ、この時期剪定作業にお伺いいたします。

そのなかで今回は、奈良県奈良市のお客様宅にお邪魔致しました。

作業は、花が咲き終わった「サツキ」「ヒラドツツジ」の剪定を主に、その他「シダレウメ」や「レンギョウ」「ウマベガシの生垣」など少し徒長枝の目立つ植木の剪定もおこない、また雑草抜きなど除草作業もおこないました。

剪定や雑草抜きをおこなう前の状態はこのような感じです。

作業前

剪定、除草など作業後の状態はこのような仕上りとなります。

作業後の仕上がり

 

もりた

雑草がかなり生えていましたがそれも無くなりとてもスッキリしました。

「サツキ」や「ヒラドツツジ」の花咲き終わった後のこの時期に剪定は、ベストなタイミングです。

来年の花の咲き具合も良くなり、また綺麗な花を咲かせ楽しませてくれるでしょう。

 

最後に

手前味噌になりますが、今回の「サツキ」「ヒラドツツジ」の剪定には電動ヘッジトリマを、除草作業には「ねじり鎌」を使用し作業いたしました。

どちらもこのような内容の作業には、仕事がはかどるとても便利な道具です。

この道具にご興味のある方はこちらの記事をご覧ください。