新規の年内作業受注を停止しています(見積りは可能)

桜の木の根を取り除きブロックの積み直しをおこないました

作業完了後

季節が移り変わるのはやいもので、もう桜の花が咲く時期となりました。

桜といえば先日、桜の根が押し上げ倒したブロック塀の積み直し工事を行いました。

植えた当初は小さかった桜も30年も経つと大きくなり、お隣との境界を越えブロック塀をいとも簡単に下から押し上げ破壊しています。

桜の木を根から取り除き作業をおこなう方法もありますが、施主様のお考えや、お隣様のご理解もあり、桜の木を残しブロックを積み直す作業方法となりました。

木を生かす方向なのでなるべく荒々しい作業を行う事をしたくありません。

少しずつスコップで掘り進めながら根を切り取り除く作業を行いました。

根はとても硬く、土が付着しているので切り取る作業は大変でしたが、今回の作業を通じてあらためて木の生命力の凄さを感じました。

いろいろと苦労する箇所もありましたが、積み直し工事完成後はこのような仕上がりとなりました。

お隣様との境界を越えフェンスに当たる桜の幹の部分はカットし保護材を塗りました。

またその部分はブロックを積むこともできません。

このような手段は木に負担をかけ、痛める恐れもありますが境界を越えているので仕方ありません。

今回の作業は、施主様・お隣様のご理解とご協力の上で無事完了することができました。

私にとってもいい経験となったと感じています。

皆様ありがとうございました。

以上、森田造園の作業報告でした。